なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

5S活動と「新5S思考術」の違い についてお答えします!

いつも、ブログをお読みいただきありがとうございます。
今回は!
5S活動と「新5S思考術」の違い についてご質問をいただいたので、さっそくお答えしたいと思います!

この違いがわかると、5S活動がなかなか広まらない理由がご理解いただけるでしょう。

感情と行動は繋がっている

5S活動と「新5S思考術」の違い

『行動』それは、体の動きであったり、思考であったり、心の動きでもあります。
そして、このページでもよく登場する「改善」も、その『行動』の産物です。
もしあなたの職場で、良い改善成果を得たいのなら、職場内の『行動』を変革しなければならないのです。そして、わたしたちの『行動』は、外部からの影響を受けることで、変革できることが解っています。

例えば、整理・清掃・整頓などの3S活動を行った場合、その結果プラスの感情を抱くと、整理・清掃・整頓の行動が強化され、繰り返しその行動を行うようになります。
逆に、整理・清掃・整頓活動の結果、マイナスの感情を抱くと、その行動が萎縮するかのように弱くなります。行動が弱くなることを「弱化」といいます。

プラスの感情を抱くと行動が強化される。
マイナスの感情を抱くと行動が弱化される。

では、リーダーの取るべき方法は?

5S活動と「新5S思考術」の違い

それなら、リーダーであるあなたは、職場の感情がプラスになるマネジメントを展開すれば、改善の成果を出し続けることができるのです。

どのようにすれば『行動』の強化を促すことができるのでしょう?
それは、良好なフィードバックです。

良好なフィードバックとは、良い結果を出しそうな『行動』をとった場合、その相手の行動を褒める言葉などをかけることをいいます。
私たちの脳は、良好なフィードバックを受けることで、行動を繰り返し行うようになり、習慣化(行動の強化)を得るのです。

逆に、『行動』に対してマイナスの感情を与えるようなフィードバックを与えると、『行動』の弱化が始まります。これが始まると「改善」に興味を示さなくなってしまうのです。

そして、「改善」の結果を褒めるのではなく『行動』を褒めることが大切!
「改善」成果の出そうな『行動』をしたときに、ぜひ褒めて上げてください。

人の行動はフィードバックで決まる。

良いフィードバックは、行動を強化する。
悪いフィードバックは、行動を弱化する。

良いフィードバックが行動を変える!

5S活動と「新5S思考術」の違い について、お話ししました。

私たちが推奨する『新5S思考術』は、コーチング心理学や行動分析学を応用しながら進める5S活動です。
「その気にさせるきっかけを科学する」と、さらに活動が活性化しますよ。
5S活動とちがう『新5S思考術』に興味をお持ちいただけると幸いです。

体験セミナー申込受付中です!

そして!このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の5月30日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA