なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

ブレインストーミング で豊かな発想を生み出すテクニック

ブレインストーミング で豊かな発想を生み出すテクニック

「他に何かアイデアはないの・・・?」と言われても、何も思い浮かばなかったり、他の人が考える様なコトばかりが頭に浮んでしまい、焦るコトってありませんか?
こんな時の打開策として、ファシリテーターは、 あるテクニックを使いながら発想を促す様にします。

この方法を続けると、アイデアが少しずつ出はじめ、最終的には思いもよらなかった素晴らしいアイデアが生まれたりすることがあります。

今回は、発想を豊かにするファシリテーターテクニックについてのおはなしです。
ブレインストーミング を行う際も、さらに効果的で効率的になりますよ。

『アイデアは質より量で勝負』プラス、時間配分が決め手

ブレインストーミング

ブレインストーミング を行う際には、

  • 自由な発想で、相手のアイデアを否定しない。
  • どんなアイデアでも受け入れる。
  • アイデアの内容より、量で勝負する。
  • 他の人のアイデアを使って、さらに発想を盛り込む。

というルールのもと雰囲気を作りあげ、誰もが思いつかなかったアイデアの発想を促そうとするのが、ファシリテーターのテクニックです。

これは、アイデアを発想するとき、『余計なコトを考えず、発想に集中』させる雰囲気を盛り立てるために必要なルールです。

どうしても、アイデアを出そうとするときには
・誰もが考える一般的なことじゃないかな~
・内容がクールじゃないしな~
・これを言ったらバカにされるのではないかな~
など、自分の意見に対してネガティブな自己評価をする傾向になりがちです。

また、メンバーから発想されたアイデアを耳にする他の参加者も
・そんなふざけたコトをいって(-_-)
・もっと、真剣に考えろ(-_-)
・論理的でないし、因果関係が解らない(-_-)
など、これもネガティブな他己評価をする傾向が表れます。

そこで、発想に関するルールを決めて、極力ポジティブマインドで発想に挑むよう、環境を整えるのが ブレインストーミング です。

ブレインストーミング に「発想タイムマネジメント」を取り入れる

ブレインストーミング

発想タイムマネジメントとは、設定された一定時間中はメンバーに対して、発想に向けて粘り強く考え続けてもらうことを指しています。

というのも、私たちの脳は、時間と共に発想力が増すことが実験から解っています。
例えば
①任意の時間を使って発想した場合、前半では1個。後半では2個の発想が生まれる。
②任意の時間を使って発想した場合、前半では4.84個。中盤では5.09個。後半では5.81個といったように、時間と共に発想力が高まる。

つまり、私たちの脳は、時間の経過と共に(時間の経過に比例して)発想力が高まっていくのです。
後は、その時間に集中し続ける『粘り強さ』があれば、どんどんアイデアが湧き上がってくるのです。

だからこそ、発想を持続させるファシリテーションが必要になります。

この『粘り強さ』を続けるのには、困難が伴うものです。

そこで、少しでも『粘り強さ』を阻害するストレスを軽くするためにも、 ブレインストーミング のルールを徹底させる必要があるのです。

  • 論理的でクールなアイデアかどうかを考える時間を発想に充てる
  • 発想時間中は、発想に対して集中するよう進める
  • ストレス軽減のために、 ブレインストーミング のルールを活用する

『アイデアは質より量で勝負する』プラス『時間配分』が決め手です。

ブレインストーミング をさらに効果的で効率的に進めるためにも
この3つを理解しながら、発想をファシリテートすると良いでしょう。

そして!このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の12月20日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA