なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

組織のあらゆる文化は 会議室 から始まる!?

この会社の 会議室 では、うるさいくらい言葉が交わされるな・・・
と思っていてもシッカリと問題/課題定義と解決案と改善分担がすんなり決まる組織。

逆に、いつまでたっても問題/課題の定義さえできず
「問題だ!問題だ!問題だ!」
を繰り返すだけで、解決や改善行動を起こさない組織。

どうやら、問題や改題解決に挑むというメンタルセットが違うようなのです。

問題/課題解決のメンタルセットとは?

問題/課題解決のメンタルセットとは、問題/課題の見方や捉え方に関する組織的思考パターンとも言える組織文化や組織風土のようなものです。
この、メンタルセットは、会議の中で使われる言葉で、改善が進む組織か?進まない組織か?をほぼ識別することができます。

今日は、日頃会議で使われる言葉で組織の「問題解決力が解る!」について書きます。

問題解決力は組織の風土や文化に影響を受けます。

私は、コンサルタントになってから問題解決や改善がスムーズに進む組織と進まない組織に分かれることはすぐに気付いたのですが、何が違うのかについて気付くまでに時間がかかりました。

会議室

気づきのきっかけは会議室から

気づきのきっかけは、会議の時に用いられる言葉からでした。
そして、その言葉をプロファイルすることで、次の様な特徴に分けることができました。

①目的が明確に語られている/目的がよくわからない
②問題定義に時間をかけている/最初から解決策について話し始める
③問題/課題で一番困っている人々の事を考える/自分たちが困っている事を考える

①では、その問題/課題を解決することによて得られるメリットや利益を会議の出席者全員が理解している状態か、不安や責任回避(言い訳)を語っている状態かの違いです。

②では、そもそも何が問題なのかを追及し定義化を進めることで、会議参加者の目指すべき姿や達成すべきレベルの疎通が行われるか、会議参加者の問題認識がまったく疎通されないかの違いです。

③では、例えば顧客が何に困っているのか?これを解決するために現場ではどういう困り事が発生するか?といった現場志向か、顧客や現場のことを考えず会議室の中にいる参加者の価値感で話しをしているかの違いです。

そのほかにもプロファイルをする要素はあるのですが、私はLABプロファイル®を研究することで、会議に出席すれば、その組織の問題/課題解決に関するメンタルセットが把握出来る様になりました。

メンタルセットを手に入れると・・・

その他にも

Labor Safety culture(労働安全文化)
Human resource culture(人材育成文化)
Quality Control/assurance culture(品質管理/保証文化)
Food Safety culture(食品安全文化)
KAIZEN culture(改善文化)
Problem solving culture(問題解決文化)

などの文化(culture)を診断することで、どのような言葉を使うことによって企業文化を変化させることができるかをコーチングさせて頂いています。

例えば「その内容で、メリットとデメリットは何?」と話すのと
「その内容で、メリットと乗り越えなければいけない課題は何?」と話すのでは、後者のほうが前向きさを表現していて、感じ方に違いがあるはずです。

マイナスなイメージを持たれてしまう言葉をプラスのイメージの言葉に変えて話す。

これらが、組織文化の変化とメンタルセットの変化を促します。

会議室から、組織文化とメンタルセットを変化させるのです。

時間は、かかりますが「会議が楽しくなった!」とお声がけ頂いたときは、本当に嬉しく思います。
そりゃ、成果のでる会議が続けば誰だって楽しくなるはずです。
逆に、成果の出ない会議を続けていたら苦痛にしか感じないですよね?

これからも、この言葉をいただけるように頑張りたいと思います。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA