なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

坂田 和則

コンサルタント 改善ファシリテーター・マスタートレーナー
株式会社知識経営研究所マネジメント2部 部長
改善ファシリテーション研究所 所長

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。

特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。

新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2020年5月現在企業支援数が180件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。


小林 史弥

コーチ/セミナーアシスタント
株式会社知識経営研究所マネジメント2部
改善ファシリテーション研究所 所員

大手総合化学メーカーにおける生産技術部門として、パイロットスケールから商業スケールに至るまでの新規製品開発に向けた技術検討を行う。また、製造部門においても化学品の工程管理・設備管理・品質管理・生産管理と一連のものづくりを経験。

メーカー勤務時に人間関係に悩んだこともあり、コーチングを本格的に始めたいと決意し上京。製造業コンサルティング会社勤務を経て、プロコーチとして独立するも、今の自分では超えることができないと判断し、現在は株式会社知識経営研究所の坂田の元で修行中。

趣味は読書と運動。自ら読書会を開催経験あり。学生時代は陸上部に所属、スポーツクラブに通い、マラソン・水泳・ダンスエクササイズを行う。

「人は自ら経験したことからしか語れない」をモットーに、様々なことに挑戦している。

酒徳 泰行

コンサルタント
株式会社知識経営研究所マネジメント1部 部長
改善ファシリテーター・マスター

「組織の数だけシステム・解決策は存在する」という信念を基に、各社の状況に応じたオーダーメイドの支援・研修を手がける。

単なる仕組みの構築・改善ではなく、①マネジメントシステム、②新5S思考術、③NLP(神経言語プログラミング)を基礎とする心理学・コミュニケーションを融合した“改善ファシリテーション”の考え方により様々な手法・事例などを提供するなど、分かり易く、実践できるサービスには定評がある。

また、常に目的・理由を考え、主体的に活動できる組織文化を醸成することに注力し、人と組織の成長を通じてお客様と共に笑顔と感動を分かち合うことを大切にしている。

前職が食品企業だったこともあり、食品安全・衛生管理を得意とするが、これまでの支援した産業分野は幅広く、各種製造業、サービス業、行政関係など、コンサルティング実績は230社以上、「理解しやすく面白い」と好評の研修受講者は延べ10,000名以上を数える。(2020年6月現在)

川畑 省悟

シニアコンサルタント
株式会社知識経営研究所マネジメント1部
改善ファシリテーター・マスター

「最善の支援を行うためにはお客様との信頼関係を構築し、維持し続けることが不可欠」

信頼関係を最優先に考え、マネジメントシステムの合理化支援、業務改善支援、コミュニケーション改善支援、人材育成支援を数多く手掛ける。

発言、ふるまい、表情、・・・すべてがお客様が受けとる商品そのものであることを常に自覚し、お客様の笑顔をどれだけ増やすことができたかを自身の成果の判断基準の一つとして活動中。

食品企業を中心に、これまでのコンサルティング実績は100社以上。