なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!
ホーム » 企業様向けメニュー

物質タスク重視型と人間重視型のバランス

当研究所では、自ら考えて問題解決できる人材を育成し組織の問題解決力の向上を図り、未来永劫成長できる企業作りに貢献するを目指しています。

一般的な会社におけるマネジメントは次の2通りに分かれます。

設備や装置・データ・プロセス・マニュアル・システムといった、人以外のモノやタスクを重視したマネジメントと、人を重視したマネジメントです。

私たちは、LABプロファイル®のカテゴリーである「システム」にならい、前者を「物質タスク重視型マネジメント」、後者を「人間重視型マネジメント」と呼んでいます。

バランス

当研究所が提唱するマネジメント手法は、上記二つのバランスをとることです。

たとえば、IT関連のシステムや最新の機械装置等を導入することは物質・タスク型重視マネジメントですが、それだけで生産性向上や業務効率が達成できるでしょうか?

たしかに機器や装置の導入により、一定の成果が得られます。

しかし、働く人の当事者意識も同時に育てなければ、真の組織力を発揮することはできないのではないでしょうか。
なぜなら機器やシステムを使うのは人だからです。

人が「自ら直接、そのモノゴトに関わっているという意識(当事者意識)」を育て、成長を促すことも必要です。
この当事者意識を育てるマネジメントを「人間重視型マネジメント」と呼んでいます。

当研究所では、双方におけるマネジメントのバランス化を目指した研修やサービスを提供しております。

改善ファシリテーション研究所が提供する 「問題を解決する組織」

当研究所では、自ら考えて問題解決できる人材を育成し、向上を図るこちができる組織を「問題を解決する組織」
(Problem Solving Organization)と呼んでいます。

「問題を解決する組織」を作るためには、ヒトに関する能力を高める「人間重視型」研修と
モノ・コトに関する改善を行う「物質・タスク重視型」研修を行い、
下記に示す6つの能力を高めていくことを推奨しています。

『物質・タスク重視型』研修 ~主にモノ・コトに関する改善を行う研修プログラム~

1.行動力

問題を解決できる組織の1つ目の特徴として、「行動力」が挙げられます。
改善活動を行っていると、途中で立ち消えになってしまう企業様も少なくありません。

解決できる組織となるには、

  • まずは一歩進む「行動力」と、
  • 成果を出すまでやり抜ける「行動力」、
  • そして更なる目標へ向けて前進し続ける「行動力」、

この3つの「行動力」が必要です。

2分析力

問題を解決できる組織の2つ目の特徴として、「分析力」が挙げられます。
できない組織の特徴として、定義自体が間違っているケースが良く見られます。

定義の仕方次第で、対策がとんでもない方向に行ってしまうことさえあります。
逆にいえば定義の段階で、誰もが納得できる定義ができれば、「問題」が解決したも同然です。

誰もが納得する「問題」定義をするためには、詳細に分析し、細分化しなければいけません。
この段階ではシンプルに整理する能力を身に付ける必要があります。

3.検出力

どんなに「行動力」があっても、どんなに「分析力」を身に付けていても、そもそも問題に気づく力
「検出力」を磨かなければ、問題を解決することはできません。

私たちの組織で起きている「問題は何か?」ということを常に考え続ける必要があります。

「検出力」→「分析力」→「行動力」の順で教育訓練することが、問題解決に強い人材を育成するための近道です。
分析ツールの使い方や問題解決の考え方が身につき、私たちは「物質タスク型トレーニング」と呼んでいます。

『人間重視型』研修 ~主に人に関する能力を高める研修プログラム~

しかし、どんなに物質タスク型トレーニングで人材を育成しても、最後まで諦めない力(レジリエンス)を
同時に高めておかなければ、真の問題を解決できる組織に到達することはありません。
諦めない力を高めるには、人間力を教育訓練することを必要とされます。

この訓練を「人間重視型トレーニング」と呼んでいます。

問題を解決できる組織を目指すのなら、「物質・タスク重視型と人間重視型のバランス化」を
教育訓練計画に盛り込む必要があるのです。

4.指導力(リーダーシップ)

あなたのチームには様々な価値観や考え方、性格を持った人がいることとと思います。
価値観の合う人ばかりでチームを結成すると、仕事はやりやすいかもしれませんが、チームとして成長しにくいのではないでしょうか。

リーダーや管理職は、チームの人たちの先頭に立ち自ら「指導力」(リーダーシップ)を発揮しなければいけない立場です。

チームとして確実に成果を出し、成長し続けるためには、様々な価値観や考え方を持つ人でチームを構成していかなければなりません。

チームメンバーとの協力と協調が作り出せるチームビルディングを形成するためには、まずは自分またはメンバーのビジネス心理(価値観・考え方・性格)を知り、メンバー1人1人の能力を最大限に発揮できる環境を作っていく(適材適所)ことを目指します。

5伝達力(コミュニケーション)

問題の発生を予測したり、未然に防ぐためには、リーダーや管理職である、あなたの元に情報が集まってこなければ正しい判断は難しいでしょう。
部下からの些細な情報を確実に得られるようになるためには、あなた自身の「伝達力」(コミュニケーション)を高めることが必要です。

リーダーや管理職であるあなたは、自分だけの言葉を使って話してしまいがちです。
部下や後輩にも分かる言葉を使用して話すことで、話しやすい上司として信頼されるので、多くの情報が集まるようになります。

6学習力

組織における「学習力」を高めるためには、教えられたことに興味を持ち、自ら実践しながら成長を楽しむ姿勢を持つ人を増やす必要があります。
学習力を加速させるには、情報整理術や読解力、記憶力を高めることです。

効果的かつ効率的な問題を解決できる、組織のつくりかた

上記の図に示した通り、左上の学習力から始まり、伝達力(コミュニケーション)、指導力(リーダーシップ)、検出力、分析力、行動力とUの字を描きながらそれぞれの能力を高めていくことで可能となります。

この流れで教育訓練計画を作成することで、問題解決できるリーダーの自覚を促すことができます。

当研究所では左側を『人間重視型』研修トレーニング、右側を『物質・タスク重視型』研修トレーニングと呼んでおり、この両方を兼ね備えたリーダーを養成しております。

研修プログラム一覧

能力セミナー名称/研修一覧
学習力セミナー① マインドマップ
セミナー② マインドマップ記憶術
セミナー③ マインドマップ読書術
セミナー④ 改善ファシリテーション
伝達力
(コミュニケーション)
セミナー⑤ リーダーズコミュニケーション研修
        ver.1(NLPビジネスコーチング)
セミナー⑥ リーダーズコミュニケーション研修
       ver.2(LABプロファイル®入門編)
セミナー⑳ リーダーズコミュニケーション研修
   ver.3(LABプロファイル®プラクティショナー)
指導力
(リーダーシップ)
セミナー⑦ ビジネス心理Ⅰ・Ⅱ(チームビルディング)
検出力セミナー⑧ 新5S思考術 
セミナー⑨ 新5S体験型 ~ムダを探す~
分析力セミナー⑩ なぜなぜ分析【基本編】
セミナー⑪ なぜなぜ分析【応用編】
セミナー⑫ 「問題」発生メカニズム ~発見・解決~
セミナー⑬ 問題解決原理原則アプローチ
行動力セミナー⑭ 「問題解決」行動 ~改善実習指導~
セミナー⑮ 「生産管理」視点の問題解決セミナー
セミナー⑱ 安全意識と行動力を高める
その他セミナー⑯ 「ISOマネジメントシステム」関連教育
セミナー⑰ フードディフェンス心理学
研修パッケージセミナー⑲ 次世代リーダー研修

『その他』の『セミナー⑯ 「ISOマネジメントシステム」関連教育』、『セミナー⑰ フードディフェンス心理学』は、株式会社知識経営研究所のHPをご確認ください。下記、ロゴをクリックすると株式会社知識経営研究所のHPが開きます。

「改善ファシリテーター 次世代リーダー研修」のご紹介

あなたの会社の未来を切り拓くリーダーを多数輩出

「セミナー⑲ 改善ファシリテーター 次世代リーダー研修」では、幹部やリーダーに昇進・昇格する未来のリーダーに対して、「学習力」「伝達力(コミュニケーション)」「指導力(リーダーシップ)」「検出力」「分析力」「行動力」を総合的に鍛えるプランです。

弊社がご提供できる教育や実習コンテンツを一定の期間(約1年間)かけて、次世代リーダーの育成と意識改革を行います。

■期待される成果

  • 問題検出力の向上
  • 問題解決力の向上
  • 改善力の向上
  • 部下や後輩の育成力向上
  • 学習意欲の向上

■コース内容(一例)

① 開校式/マインドマップ1日間4月開講
② 改善ファシリテーション1日間4月開講
③ 速読術1日間5月開講
④ 記憶術1日間6月開講
⑤ 新5S思考術1日間7月開講
⑥ 新5S体験型 ~ムダを探す~1日間7月開講
⑦ なぜなぜ分析【基本編】
  なぜなぜ分析【応用編】
2日間9月開講
⑧ 問題解決原理原則アプローチ3日間10月開講
⑨ ビジネス心理Ⅰ・Ⅱ(チームビルディング)2日間11月開講
⑩「問題解決」行動 ~改善実習指導~4日間12月開講
⑪ リーダーズコミュニケーション研修ver.2 (LABプロファイル®)2日間1月開講
⑫ 成果発表会/修了式1日間2月開講
規定のセミナー及び実習に参加し、かつ「問題解決」行動実習において一定の成果を得た受講生には「改善ファシリテーター修了証」を授与致します。

「改善ファシリテーション 研修」に関して詳細の内容をお知りになりたい方、貴社の合わせた研修プログラムをご相談したい方、一度話を聴いてみたい方等は下記お問い合わせボタンより必要事項を記入の上、お問い合わせ下さい。

「改善ファシリテーター 研修」に関する資料

当研究所がご提供する研修メニューを一覧にしたパンフレットです。詳細をご覧になりたい方は下記をクリックください。
 ※「資料」の拡大・縮小は左側の虫眼鏡ボタンをクリックしてください。

「リーダーズコミュニケーション研修」に関するパンフレットは下記よりダウンロードしてご覧下さい。

今なら改善ファシリテーション研究所のメルマガ登録してくださった方に、改善ファシリテーション研究所所長である坂田が作成した「頭のモヤモヤがスッキリ LABプロファイル®を使って 伝える力を磨く」(PDFファイル)をプレゼント致します。