なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

緊張 をほぐして、説明力と説得力を高められる簡単な方法

人前で何かを説明したり説得をするシーンは、ビジネスパーソンにとっては日常茶飯事です。
しかし、大なり小なりその前には「 緊張 」が伴うのではないでしょうか。
その 緊張 の多くはプレゼンに対する「不安」からきていることでしょう。

今回のブログは
「プレゼンの不安を取り去り、自信に溢れる説明と説得力を手に入れる」
というテーマでお話しします。

緊張 がほぐれ、あなたの説明力と説得力をさらに高めることができますよ。

プレゼン前の不安や 緊張 は、カンタンに取り除けます。

緊張

私たちの脳は、情報を処理する能力(容量)が一定で、その能力を超えてしまうと本来の能力を発揮できなくなります。
たとえば、何かに集中しなければならないときでも、他に気になることがあると、それを気にすることに能力が奪われ、本来集中すべきことに集中できなくなるのです。
つまり「余計なことを考えるな!」ということです。
とはいえ、小さな「不安」が心の中に残り、ついつい余計なことを考えてしまったり、それがさらに不安を深めてしまうこともあるでしょう。
ならば、プレゼン本番前に、その「不安」を取り除けば、緊張もほぐれ、あなたの説明力と説得力を高めることができます。

どのようにして「不安」を取り除けばよいのでしょうか?

それは、とてもカンタンです。
「不安を書き出す」のです。
私たちの脳は、ワーキングメモリといってモノゴトを考えたり進めるために、メモリ機能を使っています。
そして、このメモリには、記憶容量の制限があり、いっぱいになればなるほど行動や思考に余裕が無くなります。
というわけで、できるだけメモリ容量に余裕をもって作業することが大切です。
例えば、あなたがプレゼンすることに不安を感じているとき、あなたのメモリには「不安」という情報でその容量が使われてしまいます。
もしも、その「不安」をメモリから取り除くことができれば、メモリに余裕が生まれ、プレゼンにも余裕をもって望むことができるようになるのです。
心理学の実験で、試験前に緊張をしている学生に「不安を書き出して欲しい。」とお願いした人と、何もお願いをしなかった人の成績を比べてみるたところ、「不安」を書き出した人のほうが、よりよい成績だったことが解っています。
どうやら私たちの脳は、「不安」を書き出すと脳のメモリ内から「不安」が削除され、容量に余裕をもつことができるようです。

不安を書き出し、スッキリ整理!

緊張

不安を抱えてプレゼンをすると、その不安でワーキングメモリの余裕がなくなる。
余計なコトを考えないよう、プレゼン前には不安を書き出して、スッキリ整理する。
すると、ワーキングメモリに余裕ができ、緊張がほぐれてきます。

プレゼン前の不安を取り除くと、緊張がほぐれ、あなたの説明力と説得力はさらに高まります。
本番直前に、不安を書き出しスッキリしちゃいましょう!

そして!このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の新年1月17日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA