なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

「 ガミガミ 」は、相手の理解度を下げる要因だった!

「 ガミガミ 」は、相手の理解度を下げる要因だった!

ある方から、

「WEB研修に参加する機会が増えたのですが、
どうしても理解度が低くなったような気がして・・・・・」

というお悩みを頂きました。

さらに詳細に研修内容を聞いてみると、画面とイヤホンを通じて講師がずっと話しっぱなしだった、というのです。
あなたも、相手から一方的に話されていると、頭が混乱して「理解しにくいな~」と感じたことがありませんか?

「 ガミガミ 」言われ続けると、理解度が低くなる。
今回のブログは、チョットした気づかいでできる、相手の理解度を下げない「やさしい丁寧な伝え方」のおはなしです。

「 ガミガミ 」からの脱却! 伝える・教える時のカンタンな気づかい。

ガミガミ

私たちが文書を読む場合、文字を視覚的に捉えながら脳内でそれを『音』に変えています。
これを「脳内言語」といいます。
あなたも文書を目で追いかけながら、頭の中で「ブツブツ・ブツブツ」と文字の視覚情報を言葉に変えて文書を理解していると思います。
言い換えると頭の中で『音声』を再現している状態を続け、その『音声』を聴きながら、あなたは文書を理解しているのです。

このとき、脳は多くのエネルギーを使って処理します。

もしも、脳内言語を使って文書を理解している時、周囲から何だかんだと声をかけられたとしましょう。
すると、あなたの脳は、脳内言語で文書を理解するために必要なエネルギーの一部を「 何だかんだ 」を聴くために配分しなければならなくなります。

この時起きる意識が、集中力の散漫です。
使えるエネルギーを100%文書の理解に使えると、読解への集中力が高まりますが、エネルギーの配分は、ほかのコトに割り当てられるようになると集中力が下がるのです。

脳内で利用できるエネルギーは、一定です。

これを配分しながら、私たちはモノゴトを理解したり、行動ををしています。

もしもあなたが、人に何かを教えたりするとき、相手が集中して理解できるよう「ガミガミ」のような、余計なエネルギーを使わせないようにすることも大切です。

時には本人にじっくり考える時間を与えるコトも、大切なのです。

ガミガミ

実験では、特に複雑難解な文書を読むときには、講師が読んで学習者に聞かせるより、学習者自身に、一人で読ませた方が理解度が上がるという結果もあるそうです。
これは、脳内言語を形成するエネルギーを「聞く」という行動に配分をすることで、読解の集中力が下がるからです。

これは、仕事で部下や後輩に注意を促す時にも同じことが言えます。
何か注意されるとき「 ガミガミ 」と言われ続けることによって、話を聞くことにエネルギーが集中的に配分され、気付きを得たり反省をする思考にエネルギーが配分されなくなり「話半分」の状態になってしまう可能性もあるのです。

脳内言語を阻害しないよう伝える。
エネルギー配分を「理解」に集中させる。
落ち着いてスッキリした状態で理解を促す。

情報は、整理しながら相手に考える時間をあてながら伝える。
トレーニングをするときも、お説教をするときにも、本人に考える時間を与えることが大切です。

そして!このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の12月6日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA