なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

「 同期行動 」で、チームの協調と信頼を高めよう

私の住む街では、桜のつぼみが大きく膨らみはじめました。
日射しもポカポカ感を感じるようになり、春がすぐそこまで来ていると感じます。
あなたの街では、いかがでしょうか?

そして、春といえば「新入社員デビュー」の時期でもあります。
一日でも早く、会社や職場の雰囲気に慣れ、チームの一員として若い力を発揮してほしいものですね。

これにはまず、リーダーであるあなたが、新入社員の「協力と協調性」を育てていく必要があります。

チームのパフォーマンスを高めるには、協力と協調が欠かせません。
今回は、これらを高め絆を深くするための「ルーティーン」についておはなしします。

ひとり1人の意識を高め、チーム全体のパフォーマンスを高められますよ。

チームの信頼を高める『 同期行動 』

同期行動

私は数年前、あるトレーナー資格を取得するため、集中トレーニングに参加をしたことがあります。
これは10日に及ぶ集中型のトレーニングだったのですが、毎日セッションが変わる毎に、参加者全員でビートの効いた音楽でダンスを踊るというルーティーンの様なモノが繰り返されました。

「この年でダンスをしたことも無いオジサンが、音楽と仲間の動きに合わせながら踊るだなんて・・・」と思いながらも、周囲の雰囲気に流されながらダンスを「見よう見まね」でやっていたのですが、実は、心理学的にも「同じ動作行動( 同期行動 )」をするルーティーンは「チームの絆を深める」ということが解っていて、私も驚いた経験があります。

心理学の実験で、例えばラジオ体操のような「全員で同じ動作をする」行動をしたチームと、なにもしなかったチームの作業性を比較し作業性を観察すると、明らかに「全員で同じ動作」をしたチームのパフォーマンスが高まることがわかっています。

これは、これまでの記事に何度が登場している【オキシトシン】という脳内ホルモンが分泌に関係があるといわれています。
オキシトシンは、協力や協調性を高め「信頼」や「絆」を感じるホルモンです。

「 同期行動 」+「 笑顔 」で、さらに協調性と信頼を高める

同期行動

「 同期行動 」は、このホルモンがチーム内で作用し、作業に対する協力性や協調性を高め、パフォーマンスが上がるというわけです。

また、これらのチームでは「笑い」も増えることが解っています。
一般的に人は、社会的地位が高くなればなるほど、人前で笑うことが少なくなり、チームでもメンバーより、リーダーの笑いが少なくなる傾向があります。

すると氷のように冷え切ったチームへと変わってしまい、パフォーマンスも下がってしまいます。
リーダーだからこそ、笑顔を忘れないようにしたいものです。

私が受けたトレーニングでも「全員で同じ動作を繰り返す」ことや「講師の笑顔を見る」ことで学びのモチベーションを高め、10日間のプログラムを乗り切れたと思っています。

あなたも早速、 同期行動 と笑顔をはじめてみませんか?
メンバーひとり一人の意識を高めて、チーム全体のパフォーマンスを高められますよ。

そして!このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の3月14日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA