なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

チーム特性 を知ることで問題解決!!

チームで 問題 / 課題解決会議 をやり続け、 何時までたっても原因が特定できず行き詰まった状態。

頭の中もパンパンになり、ストレスフルな状態が続き、 同じ議論を何度も繰り返し話があちらこちらに飛び散る。

ダメだ!
もう耐えられない!

こんな時、 リーダーであるあなたが「 チーム特性 」を知っていると、今までにない 問題 / 課題解決 に向けたチームワークが形成されます。

リーダーであるあなたが知っておくべき「 チーム特性 」!!

チーム特性

改善ファシリテーターが 問題 / 課題解決 に挑むときに時は 『 高い視座 ・ 広い視野 、 そして集中の繰り返しだ 』と自らに言い聞かせながら挑み続けます。

私(坂田)は、 問題 / 課題解決 研修の中で、数名のグループに答えのないパズルのような謎解きを個人でトライしてもらった後に、どのように謎解きアプローチをしたか? と発表をしてもらうことがあります。

すると・・・・
「 こんな考え方もあったのか~ 」
「 問題の捉え方が、 そもそも違ってた。 」
自分の視野や意識と違う捉え方があることに気付き、 他の人の思考を知ることで驚いたり感心したりする方が少なくありません。

逆にチームで謎解きをしてもらうと、 最初は個々のアプローチ法が違うのに、 十数分もするとチーム全体の 問題 / 課題解決 へのアプローチがまとまりはじめてきます。
この時の会話内容を観察すると、 経験者や有識者の考えに周囲が引きずられたり、 社会的地位の高い人の意見に引きずられるかのようにチームの視野が固定され始めます。

この場合、 チームの話がまとまる反面、 気付きや漏らしが増えてくることも多くなる傾向があります。

こうなってくると、 もう蟻地獄状態です。

チームメンバー全員が思考のトラップにはまったかのように、 一つの思考にこだわり、 閃きが無くなってしまうのです。

問題 / 課題解決 を円滑に進める ( ファシリテート ) するためにリーダーはどのようにすればよいのでしょうか?

3つの「 チーム特性 」とは?

そこで、ぜひ知っておいて頂きたいのが 「 問題 / 課題解決を進める チーム特性 」です。

問題 / 課題解決 を進めるチームには、3つのチーム特性があります。

1.個人型
 チーム内の個が単独に行動/思考し、個々による意識や気付きの違いがあるために、チームに広い視野をもたらす。
 しかし、協力協調性に欠ける。

2.近接型
 チームメンバーの役割がな明確になっており、役割分担が適切であればチームが機能する。
 しかし、他のメンバーの役割領域には足を踏み入れない。

3.チーム型
 チームメンバー全員の意志で問題/課題解決に挑み、協力協調性が高く高い視座から問題を捉える。
 しかし、誰も責任をとりたがらない。

3つの「チーム特性」の活かし方

改善ファシリテーター

改善ファシリテーターは、 3つの 「チーム特性」を上手く使いながら問題 / 課題解決 に挑ませるようにアドバイスをチームに与えます。

例えば、 このような声がけをします。

・あなた達は個人型のステイト ( 状態 ) を維持し続けているので、 チーム型を意識しながら話を進めてください。

・あなた達はチーム型のステイトを仕掛け続けているので様なので、 個人型を意識した進め方をしてください。

・あなた達は、 近接型のステイトなので適宜個人型やチーム型に切り替えて話を進めてみてください。

チームで、 問題 / 課題解決 をする場合、 一つのステイトに留まらせるのではなく、 3つのステイトにスライドを繰り替えさせることで『 広い視野 、 高い視座 』がチームに形成させることができます。

リーダーは、 問題 / 課題解決 チームの特性を駆使しながら、 チームに多様性を維持させることが大切です。

チーム特性を活かしながら、 問題 / 課題解決 を行うなら、下記の研修がオススメです。

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2020年3月現在約180件。年間延べ約3400名に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です