なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

「話す」と「伝える」 は似ているようで違う

「話す」と「伝える」 の違い

あなたが相手から、何かを話しをされた時こんなことがありませんか?
ケース1 すんなりと理解できるケース
ケース2 なかなか理解できないケース

なぜ、ケース1とケース2のようなことが起きるのでしょうか? それは、 「話す」と「伝える」 の違いにあります。

「話す」と「伝える」 こと

「話す」と「伝える」

今日は「話す」と「伝える」の違いについてのおはなしです。
この二つの違いを理解しているだけで、あなたの話術が飛躍的に向上します。

私たちの脳は、外部から届けられた情報をいくつかのフィルターを通して理解に至ります。
そして、そのフィルターは、5つあると言われています。

【認知】
【意味の理解】
【総合的な意味の理解】
【自分の価値観との照合】
【自分の信念との照合】
の5つです。

私たちは、目や耳などの五感を使いそれらの情報を脳が【認知】すると、その意味を過去の経験と知識を使って【意味の理解】を始めます。
その後に【総合的な意味の理解】を行い、理解した意味をつなげて現状起きている事を認知することができるのです。

そして、その後に【あなたの価値観との照合】が行われます。

認知した意味があなたの価値観と“合わない”と感じると「話しを聴きたくない!」とか「話しを聴いてもわからない。」といった感覚に陥ります。

さらにその後に【信念との照合】も加わり、ここでも自分の信念に合わないと「話しを聴きたくない!」や「何を話しているのかさぱりわからない。」といった感覚に陥ります。

部下や後輩に伝えるときに意識すべきこと

部下や後輩に話をするときにも、5つのフィルターをあなたが意識をしながら伝えなければなりません。

言い換えると私たちは、相手の思考に組み込まれている5つのフィルターを通過するような言葉を選択し伝えなければ、相手に”YES!”と思わせることができないのです。

そもそも「話す」と「伝える」の違いは、
前者が「あなたの言葉が発信されている」で、
後者が「相手の解る言葉を発信している」という意味です。
もちろん、あなたが部下や後輩に”YES!”と思わせたいのなら「伝える言葉を発信」すべきでしょう。

会話のストレスは、言葉を話す相手が、あなたが理解しやすい言葉で伝えていないことから起きることなのです。

あなたが部下や後輩に何かを伝えたい時は、思考プロセスの前段階にある「言葉の遮断」を回避しなければ『伝える』が成立しなくなってしまうのです。

「伝える」テクニックの活用場面

伝えるテクニック
・セールスの場面
・プレゼンテーションの場面
・上司や部下との対話
・知人や友人との対話
・家族やご近所との対話
など、ありとあらゆる場面で必要です。

「話す」と「伝える」

特に相手の思考を働かせる言葉を伝えなければ「言われたことをそのままやる!」といった行動をされたりもします。
まさにモチベーションが低いままの行動です。
これでは、効率的にパフォーマンスを得ることができません。

あなたが「話す」ではなく「伝える」を意識し、相手のフィルターをスムーズに通過する言葉を選ぶことで、あなたの話術は大きく成長することでしょう。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA