なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

チームで問題解決 に挑むには?

問題 や 課題 を突きつけられたとき、 あなたの頭の中では瞬間的にどのように感じるでしょうか?
 A. 解決行動 することに意識が向く
 B. 分析 や データ集めに意識が向く
チームで問題解決 のヒントをお届けします。

問題解決 では問題の捉え方の違いが良質なアイデアを産む

問題の捉え方は人それぞれ。
否定はダメです。
捉え方の違いがあるからこそたくさん改善アイデアがとび出すのです。
否定がつもると不信感を抱かせてしまいます。

今回もなぜなぜ分析をファシリテートさせるノウハウをおはなしします。
リーダーが学ぶべきスキルがわかります。

チームで問題解決 に挑むときは○○に気をつけて下さい

チームで問題解決

リーダーはチームで 問題解決 に挑むときは、これに気を付けてください。
それは「問題定義を最初に決める」です。

・現象や事象はなに?
・どう悪さをしているのか?
・どのような影響があるのか?

少なくとも3つの項目については
チーム全員に共通の理解を促します。
なぜなぜ分析前に必ずです。

人には様々な問題認知パターンが存在します。
・一つの事象を深く深く追求する 『 プロセス思考タイプ 』
・多くの事象を浅く広く追求する 『 オプション思考タイプ 』
・周囲の情報に敏感な 『 外的基準タイプ 』
・自分で納得するまで調べる 『 内的基準タイプ 』

問題認識カテゴリーは15個
細かいパターンは約40個
ちなみに詳細な全てのパターンは約150個特定されています。
驚くほど人の問題認識パターンは数多いのです。

チームでなぜなぜ分析をするときは数多くの認識パターンが集まります。
するとどうなるか?
もうゴチャゴチャ。

最後はリーダーが強制的にまとめて終わりに。
これでは若手が育つはずありません。
対策もリーダーが決めると、 メンバーは分析に参加した実感ないので無関心に。
なぜなぜ分析前には必ず、 絶対、 もれなく、 問題の定義を決める
これは改善 ファシリテーター のテクです。

ゴチャゴチャになる前に
問題定義だけは誰もが同じ認識ができるよう工夫が必要です。
リーダーなら身につけたいテクです。

問題解決を容易にするには人間の認識パターンも理解しておく

チームで問題解決

問題解決をファシリテートするには
問題解決テクだけではなく、
人の問題認識のパターンについても学んでおくと良いでしょう。

テクを磨くには3つの学びが効果的。
・原理原則アプローチ ( 動作原理、 加工原理や人の認識のしかたなどを学ぶ )
LABプロファイル® ( 問題認識のパターンを学ぶ )
・改善ファシリテーター( 円滑に問題が進むコミュニケーションテクを学ぶ )

コロナ禍でも学びを止めない。
なぜなぜ分析をファシリテートするためにもぜひ。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA