なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

「 メタ認知 」の活用で、仕事に良い影響を! 


「 メタ認知 」の活用で、仕事に良い影響を!

労働安全衛生のセミナーを開催するとき、「メタ認知」についてのお話をしています。
メタ認知とは、心理学の専門用語なので日常では聞き慣れない言葉だと思うのですが、日頃私たちの生活の中で、気付かぬうちに感じている意識です。
そして、この意識があなたの行動や集中力にも影響を及ぼすのです。

今回は、「メタ認知と仕事の深い関係」についておはなしします。
仕事の結果に、より良い影響を及ぼすことができますよ。

メタ認知

メタ認知とは、一歩立ち止まって考えること

テスト問題を解いている自分の映像をビデオで撮影し、問題を解き終えた後に自身の映像を本人に見せ、内省をしてもらう、という実験がありました。
この実験は、自分の映像を見ながら

「この時、もっと落ち着いて解こうと思っていた。」

「もっと問題をよく読んでみようと考えていた。」

など語ってもらい、問題を解くとき『何を考え』『何を想った』か、などを振り返るよう、内省をしてもらう、という内容です。
つまり、問題を解いている最中の、心の動きや意識の変化について、自分なりに表現してもらうのです。

さて、その結果はいかに!?

そして、問題の正解率を計算してみると、内省の内容によって成績に違いが表れたというのです。

繰り返しになりますが、この時、

「もっと落ち着いて解こうと思っていた。」

「もっと問題をよく読んでみようと考えていた。」

と自分の意識や行動をコントロールするような内省をした人は成績が良く、
一方で

「なにも考えていなかった。」

「ただなんとなく。」

といった内省をした人は、成績が悪かったというのです。

この『自分で自分に語りかける心の動きや意識』のことをメタ認知といいますが、自らの考えや行動をコントロールすることができ、これを上手く使うことで、集中力の向上や作業ミス防止にも効果を発揮することが解っています。

上記をまとめると

1)自らをコントロールするような内省をする人は、アウトプットされる結果が良い。

2)「なんとなく」という内省をする人は、アウトプットされる結果が悪い。

3)目的に向かって「自分で自分に話しかける。」ことをメタ認知という。

メタ認知とは、目的に向かって一歩立ち止まって考えることです。
また、自分の意識や集中力をコントロールする力で、勉強や仕事に深い関係が解っています。

このように、メタ認知をコントロールする能力を高めることで、仕事や勉強の結果に影響を出すことができます。
もし、あなたがリーダーなら、メンバーのメタ認知を高めることで、チームの成績を高めたり、ミス防止に役立てることもできます。

あなたも「一歩立ち止まって考える。」一瞬を増やしてみませんか?

そして!このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の9月20日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA