なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

思考の偏り ~あなたはどちらのタイプ?

これを知れば面白くなる!
ブレインライティング成功 の裏にある 心理学 や 脳科学

思考の偏り はあなたの成長を阻害する!!

前回は、ブレインライティングを通じて、会議やミーティングの 『 質 』を高めることと、 次の学習効果を得ることをおはなししました。

  • 説明力と説得力を身に付ける
  • 実際の会議や打合せへの姿勢・態度を学習できる

今回は、 ファシリテーターならぜひ知っておきたい、 ブレインライティングの背景にある心理学・脳科学についてお話します。
人は背景にある理由を知ることで、 どんなシーンでも応用ができるようになります。 最後までお付き合いください。

ブレインライティングを 心理学 ・ 脳科学 の視点から解説!!

  • 説明をすることで、 自分自身の理解が促進される!
  • 他の人との考えの違いから、 ギャップを感じ取り、新たなアイデアを出しやすくなる。
  • 実は、 相手の話を聴くときには「 あいづち ・ うなづき 」があると相手のアイデアを引き出すことができる!
  • 雑談風に進めると、 アイデアの発案力がアップ! 自分の考え方の偏りにきづいたりもする!

私たちの脳が思考をする場合、 あるスイッチを入れる必要があります。
このスイッチは、 だれもが持っているスイッチです。

そのスイッチとは 「 ギャップを感じる 」 スイッチです。
ギャップを感じることで、 脳は働き始めます。

そもそも、 脳は 「 情報の隙間を埋めたがる。 」 という特性をもっています。

例えば、 Aという情報とBという情報がある場合、 AとBの間の違い ( ギャップ ) を脳が認識すると、 そのギャップの間にある事柄や関連性等を考え始めます。
これは、 誰もが持っている脳のクセなのです。

ブレインライティングでは、 自分の考えを書き出して説明すると当時に、 他人の考えにも触れることができます。

  A : 自分の考え
  B : 他人の考え

A と B の間に違いが生じると、 「 なぜそのような違いが生まれるのか 」 と考え始めます。

そして、 自分の考えと他人の考えを共有する方法が ブレインライティングなのです。
だから、 ブレインライティングをミーティングで活用することは効果的なのです。

ちなみに、 私は 「 A情報 と B情報 のギャップから思考が始まる 」ため、 AB理論 と呼んでいます。

思考の偏り

思考の偏り には2つのタイプがある

書き出し整頓されたカードを眺めていると、 人によって異なる 「 思考の偏り 」 も見えてきます。
例えば、 新しい製品やサービスを顧客へリリースする時のプロセスについてブレインライティングをすると大きく分けて2つのカードが出てきます。

  • 1つ目は目的達成のために必要なプロセスが出てくる。
    • 例: 開発プロセス
         顧客ニーズ把握プロセス
         受注プロセス
         提供プロセス
         作業プロセスなど
  • 2つ目は問題や課題を起こさないために必要なプロセスが出てくる。
    • 例: 不具合発生時の対処プロセス
         クレーム対応時のプロセス
        修正や修理のプロセス
        問題回避に必要なプロセスなど

これも、 私たちの脳が持つ特性で、 前者を 目的志向型 、後者を 問題回避型 といいます。

思考の偏り

ブレインライティングで 思考の偏り をなくすには?

ブレインライティングで書き出されたカードを見ていると、 参加者がテーマに関して
 「 目的志向型 で取り組んでいるか? 」
 「 問題回避型 で取り組んでいるか? 」
がわかります。 これにより、 思考の偏りを見つけ出す事ができます。

本来、 両方の思考を使いこなす 「 両刀遣い 」 が理想的ですが、 どうしてもその人の「 思考のクセ 」によってどちらかに偏ってしまうものです。

ブレインライティングで書き出されたカードを眺め、 目的志向型に偏りがある場合は 「 もう少し、 リスクを考えてみましょうか。 」 と声がけしたり、 問題回避型に偏っている様な場合は 「 目的を達成するために必要なことを考えてみましょう。 」 などの声がけをし、 偏りを極力少なくするようファシリテーションするのも手です。

思考の成長を促すブレインライティング

2週にわたり、 ブレインライティング についてお話を進めました。
この手法は、 心理学 や 脳科学 からみても参加者の 「 思考の成長 」を促すツールであることがわかります。
参加者が慣れてくると、 45分程度で終えることもできるツールなので、 ぜひトライしてみてください。
ウダウダ進める会議より、 効果が大きいですよ。

お知らせ

このブログは、 毎週月曜日に公開しておりますが、 当日の夜には音声配信アプリspoonでブログの内容を音声で解説・紹介しています。
こちらもぜひお聞きくださいませ。
音声配信アプリspoon「ポッポ3のおっさんの話しは長い」で検索!

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA