なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

「 そもそも思考 」で、「なぜなぜ分析」を円滑に! 

「 そもそも思考 」で、「なぜなぜ分析」を円滑に! 

「なぜ?を5回繰り返せば、その問題の原因に到達する。」と言われたので、5回繰り返してみた。
しかし、納得のいく原因と対応策を導け出せず、モヤモヤ感が残ることってありませんか?
こんなことが続くと「なぜなぜ分析」からどんどん気持ちが離れてしまいます。
こんな時には!「 そもそも思考 」を働かせてみましょう。

今回は「なぜなぜ分析」を円滑に進めるノウハウについてのおはなしです。

そもそも思考

なぜなぜ分析は難しい、と感じていませんか?

なぜなぜ分析は、多くの業種や業界で使われる問題解決を、論理的に展開する方法として定着しています。

しかし、「うまく進まない。」や「原因究明まで到達できない。」など、問題の根本的原因にまで到達せず、「なぜなぜ分析は難しい」と感じ始め、分析の活用が衰退することが少なくないようです。

そもそも、「問題の根本的原因」とは自分の知識や認知できる範囲外に隠れているケースが多いです。

もし、知識や認知の範囲内に「問題の根本的原因」があったならば、すぐに解決策を導けるはずです。
よって、知識や認知の範囲外に目を向けるためには「なぜ?」を繰り返さなければなりません。

「なぜ?」という問いは、自分の視野を広げ、何を見落としているのか?何に気付いていないのか?といったことに意識を向ける、脳内スイッチなのです。

なぜなぜ分析が失敗する理由

なぜなぜ分析の失敗事例を見ていると、問題の定義を曖昧なまま進めているケースが多い様です。
問題定義を例えるなら「製品に傷がついた。」といった不具合の場合、過去の経験と知識からそれを解決せず「製品より硬いモノが触れたから。」と、その不具合事象を原理原則でアプローチすることです。
この考え方で事象を観察すれば、いままで気付かなかった「製品より硬いモノや部分」が見えてくる可能性があるのです。
そもそも傷とは何か?といったことを原理原則で考えながら、問題定義の曖昧さを小さくする工夫が必要です。

そもそも思考

なぜなぜ分析が上手くいくコツとは?― そもそも思考 を活用!

また、チームで問題解決する場合、その問題定義が共有されていないことも「なぜなぜ分析」が上手くいかない原因に挙げられます。
チーム内のAさんの問題定義と、Bさんの問題定義が異なったまま「なぜなぜ分析」を進めると、問題に対する意識や視野の方向が統一することができず、問題解決のコミュニケーションが空中分解してしまいます。
「そもそもこの問題の定義とはなにか?」について、しっかり共有をしてから「なぜなぜ分析」に入ることが必要です。

なぜなぜ分析がうまくいかないポイントは3つ

一つ目は
・問題に対する視野が狭くなっているから。

二つ目は
・問題の定義が曖昧だから。

三つ目は
・問題の定義が共有できていないから。

なぜなぜ分析を行うときには、注意をしたいものです。
そもそも、何か問題なのかを考えることからはじめてみましょう。
なぜなぜ分析が上手くいくコツとは? なぜなぜ分析を行う前に、「そもそも問題の定義はなにか?」から始めてみましょう。

そして!このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の9月13日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA