なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

集中力 を高めて継続させる、ちょっとした「コツ」

ピロピロ♪
仕事に集中している時に鳴り響くSNSやメールの着信音。
これって、 集中力 を削ぐ原因だって知ってました?

今回は、 集中力 を高める方法についておはなしします。

日ごろのチョットした意識で、集中力を高め、継続させるコツがわかります。

集中力 の継続には、深さ・長さ・強さ

集中力 の継続には、深さ・長さ・強さが大切。
そして、調整力で高めることができます。

集中力は、脳内の情報伝達が目的のモノゴトに集中している状態を指します。
例えば仕事中に、仕事のコトだけに集中をしていれば、それに対する集中力が高まっているといえますが、途中お腹がすいて空腹感を感じてしまうと、脳は「空腹感を感じる」ことにも意識が向いてしまい、仕事への集中が低くなってしまいます。

そして、集中力には深さ・長さ・強さがあり、これらを調整しながら集中力を維持されています。この調整力を高めることができれば、集中力も高ります。

この調整力は、脳の働きと深く関係する自律神経が影響し、脳のコンディションを左右します。

自律神経と言えば、緊張している時に優位に働く交感神経とリラックスしている時に優位に働く副交感神経という2つの系統があることは有名です。
自律神経系が上手く働き、調整が整った状態が続けば、脳のコンディションも良くなり、集中力を調整することができるようになります。

適度な運動で、自律神経を最良の状態に保とう

集中力

では、どのようにすれば自律神経を最良の状態に保つことができるのでしょうか?

それには、まずは適度な運動です。
何かの本で読んだのですが、アリストテレスは何かを考える時に「歩きながら考えた。」とありました。
アリストテレスにとうてい及ばない私でも、講演やセミナー前に会場の隅をウロウロと歩きながら講話内容のコトを整理しながら歩くようにしています。
これが本当に不思議で、ウロウロすることでセミナーや講演に挑もうとする集中力が高まり、ドキドキの緊張状態から解放されるのです。

最近増えているリモートワークでも、家から一歩も出ず、部屋の中で同じ姿勢で動かない状態で仕事を続けているとネガティブになりやすいことも指摘されています。
また、脳や神経の活動が低下している人は、歩く時間が少ないことも知られています。
適度な軽い運動を取り入れ、自律神経を整えながら集中力を高めるようにしてください。

意外と大事な、作業するときの「姿勢」

集中力

そして、これも大切。
それは姿勢です。
例えばあなたが、立って作業をしているとしましょう。この時、もし腰を曲げたまま作業を続けると…どうなってしまうのでしょうか?
きっと、腰は痛くなるし、前に倒れないようにしようと、作業に集中するどころか、自分の体のことに意識が集中してしまうはずです。

脳が何かに集中をしていても「腰が痛い・・」「倒れないように注意しなきゃ。」と余計なシグナルが脳内に入ってくることで、集中力も途切れてしまいます。

時には、SNSやメールの着信音も、余計なシグナルになります。
何かに集中する必要があるときには、スマホとの距離を取った方がよさそうです。

  • 集中力は、脳のコンディションに左右される
  • 自律神経は、歩くことで調整できる
  • 体の姿勢を整えると、集中力を高め維持しやすくなる

これらを意識しながら、集中力を高めてみましょう。

集中力は、深さ・長さ・強さが大切。
そして、調整力で高めることができます。

日ごろのチョットした意識で、集中力を高めることができますよ。

歩くこと・正しい姿勢を意識する。
誰にでもできる簡単な集中力強化法です。

そして!このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の2月14日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングにも参加しています! ↓応援の1日1クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログのフォローはコチラ↓

改善ファシリテーション研究所 - にほんブログ村

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA