なぜなぜ分析・労働安全・組織改善でお悩みのリーダーへ – 問題解決能力を高める研修・セミナーはお任せください!

うまくいくランチミーティング

関係性を作り上げる、よい制度

部門間の仕事内容や、いま抱えている問題や課題について、縦割り組織だとなかなか見えてこないものです。
やはり人財を活かして経営効果を高めるには、組織の壁を取り除き、横のつながりを強化することが大切です。
そしてその策として、ランチミーティングを開いている会社が増えている様です。

今回は、「うまくいくランチミーティング」についておはなしします。

ランチミーティングが意味のある時間になりますよ。

何を感じて、何を想って欲しいのか?
これをハッキリ決めておかないと、雑談で終わってしまいます。

昨今、福利厚生の一環で、ランチミーティングを制度化する会社が増えてきました。
ランチミーティングの他にも「朝食会議」と呼んで、会社に来て朝食を食べながら雑談をするという会社もあります。
よい雰囲気で、楽しい話しをしながら、お互いのことを知ったり、相手の仕事のことを知ったりしながら、仕事場上でも「話しやすい」関係性を作り上げるにはよい制度だと私は思っています。

”ほどよいバランス化”が理想

ただ、この制度、「ランチミーティングを援助します!」というルールを作っても、良い成果を得られないことも耳にします。

ルールで、制度を見える化することを「物質タスク型マネジメント」といいます。
「物質タスク型マネジメント」は、モノやルールで仕事の内容を管理します。
これとは逆に、「人間重視型マネジメント」という手法があります。
これは、人の心や思いについて支援する手法です。
理想的には、「物質タスク型マネジメント」と「人間重視型マネジメント」の”ほどよいバランス化”が理想なのですが、今回お話の対象となるランチミーティングは、「物質タスク型マネジメント」に偏るケースが多いようです。

ランチミーティングで、「人間重視型マネジメント」とのバランスを得るには、次のことがポイントとなります。
・対話方法が確立されていること
・アウトプットを明確に定めていること
・心理的安全性が確立されていること

対話方法が確立されていること とは、
対話の原則である、相手に敬意を抱き、尊重する姿勢という意味です。
ルールを制定するにおいて、バランス化がとれていないと、お互いの信頼関係に悪影響を及ぼし
「あの人とランチ行かなければよかった。」と思わせてしまうケースが起きてしまいます。
大切なことは、信頼関係築く制度を制定することです。

ランチミーティング

アウトプットを明確に定めていること

ランチミーティングでは、その狙いを明確にするべきでしょう。
例えば
・相手の業務内容を知り、助けて欲しい!ことに気付く
・相手の業務内容を知り、助けられそう!な部分に気付く
・相手の知識や経験を知り、頼れそうな部分に気付く
・相手の知識や経験を知り、相談できそうなことに気付く
・相手の人間性を知り、安心感を得る
などです。
ただし、これらの目的を明文化してしまうと「物質タスク型マネジメント」に偏ってしまうので、制度を運用する方は、例えであげた内容を、伝える程度のことが必要でしょう。

中には、ランチミーティング報告書作成を義務づけている会社もあるようですが、これは止めた方が良さそうです。
自由で安心した話が出来なくなってしまうからです。
ここでも、心理的安全性を保つような配慮が必要です。

何を感じて、何を想って欲しいのか?
その内容を伝えると、ランチミーティングが意味のある時間になりますよ。

何を得て欲しいのか、言葉でつたえてみませんか?

そして、このブログの内容はインターネットラジオspoonでも配信します!

【今回も、音声解説を インターネットラジオ spoonで 生解説!】

ブログ公開の11月6日(月)、深夜23時ころから、インターネットラジオ spoon に乗せて 恒例の音声解説もします。
こちらも、 ぜひお聴きください。
https://www.spooncast.net/jp/@evipoppo3


この番組では、解説者である 坂田とリスナーが チャットで繋がり、 質問や 雑談などができるので、ちょっとした 疑問やご意見など ぜひお聞かせくださると、坂田は小躍りをしながら喜びます(笑)。
もちろん、 このブログの コメント欄でも 質問や ご意見を お待ちしております。
よろしくお願いします。

この記事を書いた人
問題/課題解決や改善活動とコーチング心理学・NLP・LABプロファイル®を組み合わせた「新5S思考術」を得意分野とし”その気にさせるきっかけ”を経営者や管理職などのリーダー向けにコンサルティング支援やセミナーを通じて広めている。企業コンサルティング支援実績は、2021年現在190件。年間延べ3400名以上に講演/セミナーを行っている。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA